英検®準2級 2018 レベルと日程と合格する勉強法と2次試験内容

検定合格塾のノウハウによる準2級のレベル、勉強方法、日程、合格点、合格率をまとめたサイトです。対象は中学3年生としていますが、準2級を目指す人は是非ご覧ください。「英検®」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

2017年度第2回英検® 準2級 2次試験対策講座 第0回 どうする?2次試験

time 2017/10/21


sponsored link

2次試験対策講座

検定合格塾の2017年度第2回英検®準2級 2次試験対策講座の公開をします。

今回は2017年10月29日(日)ですが、Webで先行して情報提供させていただきます。

ちなみに2次試験日はA日程が11月5日(日)で、B日程が11月12日(日)です。

早い方のA日程で、準備期間は1週間になります。

実は、対策講座をやっても生徒さんは忙しくて時間を取れない人が多く、最悪何もしないまま2次試験を迎える人も。

そこで、このサイトで何回かに分けて説明をすることにしました。

今回は第0回になります。

英検®準2級の2次試験

そもそも2次試験はスピーキングテストであり、英語を準2級で想定されているレベルで話すことができるかを判定するテストです。

テストは問題カードを渡されて、その問題カードに関するものが音読と質疑応答が3問、その後に意見を問われる問題が2問です。

最初にテスト形式を確認しておきましょう。

入室後、簡単なあいさつに続き問題カードを渡されます。

音読

試験官の指示に従って、50語程度のパッセージを読みます。

もちろん発音がチェックされています。

パッセージについての質問

音読したパッセージについて質問されます。

イラストについての質問

イラストについての質問を2問されます。

イラストを見ながらで良いので、落ち着いて回答しましょう。

2問はイラスト中の人物の行動を描写するものと、イラスト中の人物の状況を説明するものになります。

意見を問われる質問

次に問題カードに関することが1問、一般的なことについてが1問の2問意見を問われます。

一般的とはいえ関連した内容の質問です。

2次試験の出題設定

準2級では、問題の設定は日常生活の話題としてある程度範囲が決まっています。

過去の例として以下の場面から出題されています。

ホームシアター、ボランティアガイド、電子辞書、食品フェア、映画祭、プリペイドカード

英検バーチャル二次試験 準2級

英検®の公式サイトに動画によるバーチャル試験があります。

まだご覧になっていない人は、必ず確認しておいてください。

英検バーチャル二次試験 準2級

URL:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_p2/

sponsored link

sponsored link

Z会を無料体験

sponsored link

sponsored link